2010年03月07日

オール電化 その8

京電力がくるまでは発電はしてないので、エコキュートとIHの電気代がかかってるだけ?いやいやプロパンガスが無くなったんだから別にいいのかな。

その東京電力がくるのが3月17日に決まった。
とうとう太陽光パネルが稼働しだすのか。照準ゲルドルバ!

つか、勝手にパワーコンディショナーの電源入れちゃだめなのかな?
壊れたら目も当てられないのでやめとくけどさ。


ところでガス屋との話し合いはどうも決裂なのか?
エージージャパンに任せてあるんだけど、曰く「プロパン撤去の相場は10万以下のところ、22万は高すぎるので値下げ交渉をする」とのこと。
このガス屋はいつもごねるということで、最終的には3、4割引くらいで落ち着くだろうけどがんばるらしい。
どっちが正しいのかはわからない。
ガス屋としては満額とるために俺に払わせたいんだろうし、エージーのほうはプロパン撤去代を肩代わりすることになってるので少しでも安く抑えたいのだろう。

というわけで、


 弁護士たてるんだってさ!


わおww^^;
さあゴタゴタしてまいりました!
そのために委任状にサインをくれとか。


そして今日、委任状をもってやってきた。サインをして渡す。
最初の契約書なんかも写しを渡す。ガスのことも明記されてたからそれをどうやって値下げさせるのか興味はあるな。
別に裁判するわけじゃなくて交渉してもらうだけ、とは言うが決裂したら裁判なんだろ?
すべて向こう持ちだし別に良いんだけどさ、嫁の言葉を借りれば

「めんどくさいことに巻き込まれた」


でも、エコキュートは追い炊きとかのときも常に一定の温度だから子供にも安心だし、水圧の低さは節水シャワーヘッドを引っ張り出してきてぼちぼち解決。
IHのほうも要はティファールと同じ容量ですぐお湯が沸く。
太陽光がまだ未知数だが、概ね満足な結果となってます。
もちろん支払いが始まったら苦しくなるのかもしれないけど、プロパンはやめて正解だし、今回の決断は良かったんだろう。


あとは火災保険でオール電化割引適用してもらうための手続きくらいかな?
ここまできたら床暖房もつけちゃうか!とか思ったりもするが我慢。
しかし寒いな。エアコンを強いのに変えるか、パネルヒーターを導入しないと・・・。



posted by ぐつ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在の閲覧者数:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。