2010年03月26日

おはなし

とおはなしをした。
絵本を読むとかじゃなくて、『なにかおはなししてー?』の類だ。

ふつうは桃太郎とかの昔話を即興で聞かせるのだろうけど、適当に思い出話を聞かせる。

つもりだったんだが、

それすらめんどくさくなったりしたもんだから、出来上がった話はこうだ。


俺:
むかーしむかし、

ゆいちゃんがまだ小さかったころ、

パパはもう大きかったのでした。

おしまい。




娘:
どーゆーオチなのよー!!!





・・・・・・・。

つっこまれた!w

オチとか知ってんのか!
3歳児につっこまれるとはな!

でもそのあと、『いつまでオチてるのよー、どこまでさがるのよー』とか言ってたのでオチというものをわかりきってはいないようではある。


blooog2 010.jpg


次は娘の番。


娘:
むかーしむかし、あるところにパパとゆいちゃんがいました。

パパは自転車にのっていきましたが、雪が降ってきたのでやめました。

すると家で雪だるまをつくりました。みんなでつくりました。

おしまい。



・・・・・・・・。

ふつうだ!

パパはずかしくなるくらい普通に話だ!
3歳児!よくできました!



posted by ぐつ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イクジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在の閲覧者数:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。