2009年04月25日

マヤマヤ

ういえば昨日、帰りの電車で林マヤと出会った。

すらりとした長身で、スーツの女性と目の前を通りドア付近にてなにやら話し始めた。
俺が降りようと席を立つと、その席に彼女は座った。

誰も気づいてる様子はないし、俺も別に林マヤのファンでもなんでもないので確たる証拠はなにもなかったけれど、あれは林マヤだ。たぶんそうだ。
なにがそう感じさせたのかはわからないが、なにか違うものを感じた。

つうか、すぐ「マヤマヤだ」などと感づく俺もどうかと思うが、俺の中の引き出しは結構そういうとこまでカバーするように出来ている。


首都圏に住みだして早12年。
東京にいるなんて言うと「芸能人と会えていいねー」などと言われたりするが、正直まったくそんな機会はない。
チャンスは多いと思うけど、こちらからそういう場所に出向かなければそうそう出くわさないというか、休日家でゴロゴロしてるようではまず会わない。

メンズノンノのモデルと海で一日遊んだだとか、読者モデルと付き合っただとか、本に載ったアーティストと結婚しただとか、そういうことはままあれど、俺の生活圏にはそうそう芸能人は現れない。
競馬場やららぽーとでイベントがあったことはあったけど。

そんななかでひさしぶりの目撃であった。
かなりのニアミスであった。


興奮するほどの相手ではなかったけれど、捨て置けない体験。


posted by ぐつ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
現在の閲覧者数:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。