2009年09月05日

コダテB

2009年8月1日。

不動産屋にメールをした。

以前資料請求しまくったときからしばらくの間いろんな不動産屋から「買ってくれー買ってくれー」というメールが頻繁にきてた。
買う気が失せた時点でスルーしてたらメールが来なくなったが、それでもメールを送り続けてくる会社も2つ3つあった。

しつこいといえばそれまでだが、何か聞こうと思ったときに自分を気にかけてくれてるとこに聞きたくなるのが人情。


しかしある会社は送ってきたメールに別の客の名前が書いてあって、明らかに「同じ文章で出しまくってます」ってのが感じ悪い。

またある会社はメールマガジン形式で送ってきて「詳しくはネットで」という感じ。悪くないけど事務的で「見るのはいつでもいいか」と思わせる。


最終的に残ったのはちっちゃな不動産屋。


ここは最後まで定期的にご機嫌伺いのメールを送ってきてなんともご苦労なことだったんだが、内容が毎回世間話をちゃんと書いてあって「温かみ」が感じられた。
嫁にも見せたけど、ここに相談してみようという気にさせられたのだ。

根負けとも言うが。


奇しくも俺の31歳の誕生日に1年ぶりにメールしてみたんだ。


早速店に足を運んでみると、その不動産屋は予想以上に小さい店舗^^;
スーパーにまぎれて見落としそうになるほど。
外から見える内装はなんだか喫茶店かネットカフェという感じ。

じつに不安だ。



とりあえず中に入って、もはやメル友(懐かしい響き)気分の担当高浦さんを呼んでもらう。

窮屈な配置で並ぶテーブルの上にパソコン。
さびれたパソコンスクールみたいな印象受ける店舗が気になるが、せっかく来たのだ聞くだけ聞いていこう。


まず探してる条件を伝える。
・中古
・3LDK以上
・2000万くらい
・通勤容易
・庭付
・子育て環境良

そのあとは現在の状況とか細かい希望とかを含めた世間話。
この世間話が長い長い^^;
三井のリハウスでは「とりあえずこんなところはどうですか」とすぐ物件を出してきて参考にしながら話したものだが、ひとつも物件を見ないまま話だけが延々と続く。

ようやく物件のチラシを取りにいったときに、嫁と「なげえよ・・・」とぼやいたくらいだ。



さて、いくつか物件チラシを見せてもらったんだがすごく違和感がある。
もちろん中古の物件もあるんだが、

新築だったり2500万くらいの予算オーバーだったり、そんなチラシばかり見せてくる。

ベビーカーを押してる客に「(テーブルとテーブルの狭い間を通って)奥の席へどうぞ^^」とか平気で言っちゃう社員がいた時点でどうかと思ったけど、


アンタ、人の話聞いてたか?


と誰もが言うだろう。
また別の物件チラシを取りに行ったときに、嫁と口を揃えて言った。


「だめだこいつ。セールス下手すぎる。
 1時間くらい聞いて、参考までに少し物件見てさっさと帰ろう」



そして、俺は実際に物件を見に行く方向へ話をすすめた。

さっさと帰るために。



posted by ぐつ at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 戸建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
不動産選び大変ですね;
大金を動かすのは一生に数回しかありませんから慎重にしないとですし。
Posted by 柊 at 2009年09月07日 09:40
ご無沙汰です^^
ほんとにたまーにミクシを覗くときには拝見してます。
不動産選びはいろいろチェックポイントがあるように思います。
仲介手数料が発生するかどうかとか、アフターサービスがどうかとか。
今までに買った高額なものといったらテレビや冷蔵庫の10万円とか車の80万円とかそんなもんでしたが、一気に2000万だっつうんですから逆に実感ないというか。

後悔しないといいのですが。
Posted by ぐつ@管理人 at 2009年09月07日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
現在の閲覧者数:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。