2009年10月25日

女神転生

末に向けて新作ゲームが目白押し。目玉はFF13か。

PS3持ってない身としてはFF13は友人の話でも聞く程度。
Wii大神とかWii罪と罰とか、今月発売だけどすぐ買うかどうか。
個人的には今月のDS光の4戦士がまずは期待の1本。


だがその前に高い評価を得ているDS真・女神転生 STRANGE JOURNEYをプレイ中。

女神転生シリーズはそれなりにプレイしてきた。
FCの1作目から始まってPSの女神異聞録ペルソナとかペルソナ罪くらいまではクリアは別としてプレイした。
最近のぺルソナ3、4が大人気で3がPSPでリメイクされるのは気になってはいるけど、なかなか手を出すには硬派で高いモチベーションが求められる。個人的に。

特に自分は3Dダンジョンがあまり好きではなく、FCの初代ウィザードリィは確かにハマッたけど、人気の高いDS世界樹の迷宮を始め最近の3Dは敬遠している。
自分がビビリで暗いのが嫌い(夜は好きだけど)ってのが影響してると思うんだけど、「この先がどうなってるのかわからない」とことか「後には戻れない」とことか「強敵揃いの階層で八方塞になる」とことか気楽にはなれない。
思い起こせばFCのゴエモンの地下ダンジョンとか、同じくFCのオホーツクに消ゆの洞窟とか、3Dじゃないけどドラクエ1の周りしか表示されないダンジョンとか、どれも精神的ダメージがすごかった。俺の中では。
地上に出れたときの開放感といったらなかった。


そこいくと、今回のメガテンSJも本来なら敬遠すべき対象なんだけど、女神転生の世界観やキャラクターが嫌いじゃないのと、結構な高評価、DSの気楽さ、携帯機であるがゆえにセーブがしやすいであろうことなどから挑戦することにした。


 これが当たり。


硬派なストーリーに適度なムービー、
緊張感を煽るBGM、
親切なチュートリアル、
慣れるまでの自然なストーリーの流れ、
快適なレスポンス、
オートマッピングの安心感・・・

世界観はいままでの宗教色とは違い俄然SFなんだけど、まあこれはこれでビギナーは入りやすいといえる。

中断セーブがないのが残念だけどところどころにあるセーブポイントと回復ポイント。

アイテム収集にフリーミッションに悪魔交渉に悪魔合体。戦闘は調子にのったりパーティ構成間違えるとすぐ全滅しかねない難易度だけど、悪魔を仲魔にするため戦闘を繰り返したくなる仕様。
悪魔合体はどこぞにいかなくてもいつでも可能。しかし成長したりスキル変化したりする仲魔に愛着が湧いたり。
性格が合っているパーティだと敵の弱点ついたときに追加攻撃が発生するのでメンバー構成に悩む。
アイテム収集により強化される主人公。アイテムを得る方法はいくつかあるのでそのためにダンジョンに潜る。

なによりレベルアップすれば体力が全快するのが俺好み。もうだめだと思ってもレベル上がるまで戦えばまだまだがんばれる。


いい感じだ。

ひさしぶりに3Dダンジョンなゲームにはまりそう。
強い仲魔を求めて戦闘そして合体。
とりあえず最初のエリアのボスを撃破。これがまたギリギリのとこで倒せるという快感クリアで、難易度のバランス調整が絶妙な気がしてる。
あとはエンディングまでのストーリーに納得させてくれる説得力があれば俺ランキングでかなり上位にくるなあ。

メガテンファンには賛否両論あるのかもしれないけど俺としては十分満足な出来。



ところでやはり迷うのは主人公の名前。
世界観を壊さず、職業や設定に違和感がなく、神だの妖魔だの悪霊だのと心通わす感じで、かっこよすぎずかっこわるすぎず、普通でありながら個性があるような、そしてどうやら日本人。

店頭PVでは主人公の名前が「タダノヒトナリ(ただの人間なり)」となってた。
そういう方向で決めるとするか。


blooog 553.jpg

「カミヤヨウマ(神や妖魔)」

あ、いいねw
精鋭部隊の機動班カミヤ隊員、C4爆弾で道を切り開きマシンガンで敵を薙ぎ倒しております。
いまの部隊では一番の手練らしい。

しかし、任意のミッションに挑んで全滅。パーティ構成間違えたわ。鍛えなおしてくる。



posted by ぐつ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 任天堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
現在の閲覧者数:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。